Amazon「GO!」アマゾンGOって何?使い方や仕組みは?日本で流行る?【動画有】【スーパーコンビニポケモンGO】

2chまとめアンテナ
スポンサーリンク

( ・ω・)<GO!

アマゾンがとうとう小売店に参入です。

その名も「Amazon Go」

そしてもちろん普通のスーパー・コンビニではありません。

なんとAmazonGOは「レジの精算がいらない」スーパーなんだそう!

来年から店舗展開していくみたいですが、これは会話のネタになりそうですね。

早速使い方・仕組み・日本で流行るか?を2ちゃんねるの反応と共にみてきましょう。

2ch元ネタ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1481001478/0-

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Amazon Goの使いかたは?


上記はamazonによる公式動画です。

観るのが面倒な方用にざっくりと使い方をまとめると、

  • お店に入るときに自動改札みたいなところでスマホ認証
  • 好きな商品をとっていく(自分のバッグにいれてもいいし、手ぶらでもいい)
  • 商品をとった際にAmazon Go側のカメラが自動的に補足される※
  • 改札からでた際に支払い完了

※商品を棚に戻せば自動でキャンセルされる

おそらく事前にスマホにクレカ情報などで支払情報を登録する必要はあるかと思います。

消費者側としても便利ですし、お店側からしても「棚から商品とったら加算」されるわけなので、万引き防止になりますね。

でも「カメラ」で商品の追加・キャンセルを確認するっていうのがどこまでの精度なのか…近くに人がいたときの誤作動とかご認識はないのかな?と思ってしまいますね。

では2ちゃんねるの反応をみて会話のネタにしちゃいましょう。

Amazon Goへの2ちゃんねるの反応は?

嘘だろ

たかだかカメラだけでこんなことが可能なのか

未来の光景じゃないか

間違いなく流行る

既存のコンビニもこのシステム導入しないとAmazon一色になるぞ

アマゾンならメーカーにタグ付けまでやらせられるか

対応しない商品は置かなけりゃいいんだからな

だからスタントダッシュで多店舗展開が必要なんだろうな

そうなるとバーコードみたいにほとんどの商品に

最初から載るのが標準の世界になるのは早そう

買うのやめるときちゃんと元の棚に戻さないと買ったことになるんだな。

冷凍食品を非冷棚に放置するアホいなくなるな

人件費がフリーになれば商品価格は劇的に下がる

アマゾンは技術は自前だしサービス開始初期の頃にやってた低価格攻勢

をやればコンビニ死ぬわ

すごいのってお会計が自動ってだけだよね?

セルフレジとのちがいがわからないw

万引きは、ものすごい金額なんだよ

棚卸したことあるなら分かると思うが、莫大な金額

スマホ持ってない俺は来るなってことか 

Amazon Goの仕組みの対する2ちゃんねるの反応は?

光学センサーで棚の陳列商品が移動してるかの判定

客がきちんと同じ棚に戻すとは限らないから赤外線センサーで商品の形を認識

そして似た形と誤認識を防ぐために重量センサーだな

野菜とか生鮮食品とか台に置いてあるやつにも

赤外線センサーと重量センサーで足りるんじゃないかな

>>動画を見ると陳列棚ごとに上部に棒状のライトが付いてるから

光学センサーで取り出しを検知してるのかも

>>重量センサーが反応した瞬間に、棚近くのamazonスマホアプリの位置情報を呼び出し

光学センサーで、どのスマホ所持者の手が購入したのか判断しているのかも

一応証拠として棚のカメラとかで取った瞬間の人物映像保管したり

でも、完璧では無いと思うから、実施後も問題対応しながら進化していくのかな

Amazon Goが日本で流行るかどうか?@2ちゃんねる

地元のスーパーとかたまに行くけど、常連らしい客と店員の和やかな会話の場面とかよく見かける

とくに高齢者はよく店員としゃべってる

アメリカじゃそういう光景がないからこういう発想が出てくるのかも知れんが、

日本では流行らないだろうね

見事に本屋と通販業界は淘汰されたよね

人のふれあい、会話なんて客の方も本音は望んで無い人が多い証明でしょ

独りもんの年寄りなんて日々の話し相手は店員と医者ぐらいだろw

子供にかけても嫌がられる

嫁や婿なんて以ての外

Amazon Goに対する管理人コメント

( ・ω・)<小売にとっては何より「万引きがなくなる」のは馬鹿でかいですよね。本屋ほど1つの商品が万引きされたときのダメージは少ないにしろ、これが改善されれば商品の価格もぐっと抑えられそう。日本にくるのはまだ先でしょうが、こういう「未来」っぽい話が現実になるのは楽しいですよね。是非会話のネタにしてもらえれば幸いです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク