水口病院公式発表まとめ。中絶・稽留流産どっち?医師名前は未公表…知りうる方法は?【吉祥寺・緑生会】

2chまとめアンテナ
スポンサーリンク

( ・ω・)<水口病院の公式発表まとめ

昨日、東京武蔵野市吉祥寺の水口病院の産婦人科で

人工妊娠中絶手術を無許可で行った6日後に急死した奥さんの夫が

「急死と手術との関連を調べてほしい」と訴えたことが報道されました。

医療の話ですから専門的な部分は「本当か嘘か?」が素人目には判断できません。

そのためまことしやかな噂と憶測がネット上を飛び交っています。

そんな中で水口病院から公式に発表がありましたので、まずは発表内容とネット上の「本当か?嘘か?」の情報を突き合わせて、公式情報を元にした理解をしたいと思います。

水口病院公式発表リンク(引用元)

目次

  • 奥さんへの手術は「人工妊娠中絶手術」?それとも「稽留流産」?
  • 奥さんに「人工妊娠中絶手術」を行った医師は母体保護法指定医師ではなかった、は本当?
  • 水口病院は「人工妊娠中絶手術」を指定医以外が違法に手術していたのを知っていた、は本当?
  • 水口病院は違法な人工妊娠中絶手術と奥さんの急死とにはどんな関係があると見ている?
  • 奥さんに「人工妊娠中絶手術」を行った医師と責任の所在である院長の処分は?
  • 今年3〜10月に水口病院で「人工妊娠中絶手術」を受けた患者であれば問い合わせで個別回答の対応
スポンサーリンク
スポンサーリンク

奥さんへの手術は「人工妊娠中絶手術」?それとも「稽留流産」?

水口病院側は、

「平成 28 年 7 月ころ、指定を受けていない医師(担当医師)が、患者様に対し、人工妊娠中絶手術を行った

とはっきり発表しています。

あわせて、

「一部で稽留流産で あったとの情報が流れていますが、当該事実はございません。」

とも発表しています。

つまり、今回の手術は「母体保護法指定医師」に指定される必要のある、

「人工妊娠中絶手術」であったということですね。

奥さんに「人工妊娠中絶手術」を行った医師は母体保護法指定医師ではなかった、は本当?

水口病院側は、手術を担当した医師について以下のように発表しています。

  • 当院に勤務していた産婦人科を専門とする医師
  • 担当医師は指定を受けていません
  • 平成 28 年 3 月 1 日から同年 10 月末日まで勤務

つまり人工妊娠中絶手術に必要な「母体保護法指定医師」ではない医師が違法に手術を行ったことを認めているということですね。

なお、当時の院長は「指定医」であったようですが、手術に立ち会ったとは記載されていません。では、水口病院はこの違法な手術のことを認識していたのでしょうか?

水口病院は「人工妊娠中絶手術」を指定医以外が違法に手術していたのを知っていた、は本当?

水口病院側は、

  • 当法人では、施設管理責任者である前院長の責任のもとで、当院において指定を受けていない医師人工妊娠中絶手術を行うことがあることを認識していました
  • 記載の勤務期間中、本件を含む 12 件の人工妊娠中絶手術を担当したことを確認

つまり「違法な中絶手術」をしているのを認識しており、今回の医師だけでも12件の中絶手術をおこなっていたと発表しています。これは、この医師の前にも同じようなことがあったのでは…と思ってしまいますね。

結局、この手術と奥さんの急死には関係が有るのでしょうか?水口病院側の意見をみてみましょう。

水口病院は違法な人工妊娠中絶手術と奥さんの急死とにはどんな関係があると見ている?

水口病院側は、

  • 死因の詳細について、当法人は正確に把握できておりません
  • 現時点において、監督官庁や捜査機関から、急死の原因が本件事件にあるとの指摘を受けたことはございません
  • そのため、現時点では、本件事件と急死との因果関係はないものと考えております

かいつまんでいうと、「死因の詳細わからないし、国から怒られてないから、関係ないと思う」というわけですね。本当に取り急ぎ出した意見という感じです。

では、実際に手術に立ち会った医師はどうしているのでしょうか?

奥さんに「人工妊娠中絶手術」を行った医師と責任の所在である院長の処分は?

水口病院側は、

  • 本件事件を受け、平成 28 年 10 月末日をもって、前院長は当法人を退職
  • 同様の理由で、平成 28 年 10 月末日をもって、担当医師は 当法人を退職

と発表しています。

病院側としては「違法な手術と急死」は関係ない意見であるものの、「違法な手術」であることは認めているので、その責任をとっての退職という形のようですね。

しかし、今回の急死されてしまった奥さんだけの話ではなく、当該期間に手術を受けた患者としては気が気ではないはず。なにせ現段階では違法な手術をしていた医師の名前もわからないので、どうすればいいのか…この件について水口委員は次のような対応をとっています。

今年3〜10月に水口病院で「人工妊娠中絶手術」を受けた患者であれば問い合わせで個別回答の対応

水口病院側は、

担当医師の勤務期間中に当院で人工妊娠中絶手術を受けられた患者様には、担当医師による手術であったか否かを個別にご回答させていただきます。なお、その際に個人情報保護の観点から、身分を確認する資料の提出を求めることがございます

当然といえば当然の対応ですよね。個別に連絡をすれば、その医師の手術であったかどうかがわかるはず。また、当然自分の手術を担当した医師なのですから、名前を教えてもらえないはずがありません

ただ、わざわざ患者側からこの対応をとらないといけないのが腑に落ちませんよね。本当に「患者側に不安をかけて申し訳ない」と思っているのであれば、個別にでも連絡をしてまわるか、HPで医師の名前を掲載するかをすればいいわけですから…

水口病院の公式発表まとめの管理人コメント

( ・ω・)<「専門的だから」「医師じゃないとわからないことだから」とスルーしていい問題ではないと思っています。マスコミには出来る限りわかりやすく真相を報道していってもらいたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク