将棋連盟「アプリ使ったよね?30分離席したし。あ、竜王戦なくなったから休場届けだして」→三浦弘行九段「はい…」→(真相)将棋連盟の嘘?

スポンサーリンク

( ・ω・)<なんだかすごい闇が深そうな将棋界の事件…

将棋の三浦弘行九段が、

対局中の離席の時間が不自然に長いため、将棋アプリを利用しているのではないか?

という疑惑が持ち上がり、三浦九段は竜王戦を辞退、日本将棋連盟が調査をしていました。

しかし日本将棋連盟は、

三浦九段は将棋アプリを利用していなかった、と発表。

三浦九段のただの「冤罪」という話ならこれで終わりだったのですが、

日本将棋連盟が三浦九段に対して嘘や捏造をしていた疑惑が持ち上がり、ネットで炎上しています。

では三浦九段の記者会見にて、今回の騒動の真相を確認しつつ、2ちゃんねるの意見をみて、年末の会話のネタにしていきましょう。

元ネタ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1482888830/0-

スポンサーリンク
スポンサーリンク

三浦九段が将棋アプリソフトを利用していなかったと将棋連盟が発表

将棋の三浦弘行九段は、日本将棋連盟の調査委員会が将棋ソフトをめぐる不正行為の証拠はなかったと発表したことを受けて、27日に記者会見し、「不審な点がなかったのなら、なぜ出場させなかったのか。竜王戦への挑戦は難しいと思うが、元の状態に戻してほしい」と訴えました。

将棋の三浦弘行九段は、日本将棋連盟の調査委員会が将棋ソフトをめぐる不正行為の証拠はなかったと発表したことを受けて、27日に記者会見し、「不審…

三浦九段記者会見。将棋連盟に誘導された竜王戦辞退の真相とは?

三浦九段記者会見動画の23分20秒からご参照ください。

三浦の代理人の説明が衝撃。以下休場届に関しての真実

将棋連盟理事と不正を指摘した棋士のいる会議室に三浦が呼ばれる

将棋連盟理事が三浦に対し、休場届を提出するように要求

当然三浦九段は拒否

その後退出した将棋連盟理事が会議室に戻ってきて

 「今回の竜王戦は中止になった」

発言

理事が、三浦と渡辺にそれを承認するかと尋ねる

主催者の判断なので仕方ないと両者意思表示

それを受けて理事が、「これは連盟にとって大変な損害だ、分かっているのか!」と三浦を責める

その勢いで三浦に対し、「休場届を出していただく、それでいいですね!」と休場届の提出を求めた

竜王戦は中止ということなので休場届を出すことを認める

会議後に、やはり中止でも休場届はおかしいと気づき、提出を拒否

その後なぜか挑戦者変更で竜王戦が行われることになる

三浦九段が将棋アプリを利用していなかったことを証明できたことに対する2ちゃんねるの反応

一般的に「無い」事を証明するのは難しいはずなのに、よくできたなー。

>>疑惑の発端であった30分も席を外したってのが事実でないことがわかったからだろ。

将棋番組で試合の一部始終が撮影されてて、あとで協会が再確認したら長時間の離席の事実がないことが確認された

そもそも疑惑の発端である長時間の離席が嘘だったことが映像で確認されたんだよ

それでもそういう言い方するなら、全棋士があやしいことになるわな

まあそれくらい気づいてるだろうけど。でないとさすがに頭悪すぎる

協会が依頼した御用調査委員会でも真っ白判定だからな。

疑う要素すら見つからなかったんだよ。

三浦弘行九段が将棋連盟に誘導された竜王戦辞退の真相に対する2ちゃんねるの反応

・疑惑の発端となった30分の離席が、ビデオを確認したらそもそも存在しなかった

・「竜王戦は中止になった」と虚偽を用いて三浦を欺き、休場を強要

痴漢で捕まえたら、そもそも電車に乗ってなかったってことでおk???

>>マジそれぐらいの言いがかりだった

三浦九段へのこれまでの報道では、

(1)三浦は離席が多い=ちょくちょくスマホ見てるんじゃない?

(2)疑惑の一戦では30分離席=スマホで指し手の検証したよね?

(3)指し手がソフトと一致するよ=やっぱカンニングでしょ?

という流れだったわけだ。

しかし現実には、

(1)離席が多いという事実はない

(2)30分離席もない

(3)ソフトとの一致=最善手はプロなら一致する

ということで、三浦が嫌疑そのものが「嘘」だったことがわかったわけよ

カンニングしている状況証拠すらないってことは、嫌疑なしってこと

三浦弘行九段が将棋連盟に誘導された竜王戦辞退の真相に対する管理人まとめコメント

( ・ω・)<将棋連盟による「嘘」で三浦弘行九段が休場届を出したことが本当だとしたら、プロ棋士が将棋アプリを対局中に使用していたのと同じくらいには問題ですよね。しかし本当に三浦九段はとんだ冤罪でしたね…今後応援できる場面あれば少しでも応援して行きたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク