シャケの娘で回鍋肉cmで有名な杉咲花。今までの出演作品や恋愛観や夢は?

2chまとめアンテナ
スポンサーリンク

味の素クックドゥのcmでぐっさんの回鍋肉を食欲全開で横取りするcmの印象が強い木暮武彦(shake・シャケ)の娘である杉咲花さん。

cmのみならず様々なドラマに小さい頃から出演し、2016年6月からはなんとNHK連続小説「とと姉ちゃん」の三女(末っ子)役に抜擢され、活躍されています。

そんな杉咲花が9/30放送予定のTBSぴったんこカン・カンにゲストで出演とのことで、どんな女の子なんだろう?と調べてみました。

  • 杉咲花のプロフィール
  • 杉咲花の出演作品は?
  • 杉咲花の恋愛観は?好きなタイプや恋の経験は?
  • 杉咲花の夢は?
スポンサーリンク
スポンサーリンク

杉咲花のプロフィール

%ef%bc%92%ef%bc%96

本名:梶浦 花(かじうら はな)

生年月日:1997年10月2日

出身:東京都

身長:153cm

血液型:B型

家族:父 木暮武彦(shake・シャケ)、母 Chie Kajiura(チエ・カジウラ)

職業:女優

デビュー:2006年(8歳のころ)

出演ジャンル:ドラマ・映画・cm

事務所:研音

なんと8歳のころから活躍されていたんですね。

そして杉咲花のご両親も芸能人。つまり杉咲花は二世芸能人ということです。

杉咲花のお父さんは、レベッカ・RED WARRIORSのメンバーであったミュージシャンの木暮”shake”武彦(通称:シャケ)。杉咲花のお母さんは歌手のチエ・カジウラ。チエさんはアニメマクロス7の作中で歌ってらっしゃったのを覚えています。

杉咲花の出演作品は?

杉咲花は回鍋肉cmでぐっさんから肉を奪っているだけではないのです(失礼)

%ef%bc%92%ef%bc%97

杉咲花の出演ドラマは、

  • 家族のうた
  • 黒の女教師
  • MOZU
  • 学校のカイダン
  • とと姉ちゃん
  • モンタージュ 三億円事件奇譚

杉咲花の出演cmは、

  • 池田銀行
  • ケンタッキー
  • 三菱地所
  • 味の素クックドゥ
  • KDDi au
  • 広島ガス

特に出演cmが名だたる企業で素晴らしいですね。

もともとブランド力が高い会社ほど、CMに起用する芸能人の清廉潔白さが大事になりますので、杉咲花のイメージはそれだけ良いのでしょう。

杉咲花の恋愛観って?好きなタイプや恋の経験は?

杉咲花は2015年に恋愛映画「トイレのピエタ」にヒロイン役として出演しました。

お、ではもしや経験豊富だったりするのかな?なんて邪推をしてしまいますが、実はあるインタビューで次のように答えています。

Q.杉咲花の好きなタイプは?

A.それが…あんまりそういうこと考えたことなくて。男の子と話すの苦手なんです。同い年とかはもちろん、年下も年上も、学校ですれ違うだけで恥ずかしくて。以前に出演した作品で恋人役を演じたとき、距離感がぜんぜん掴めなくて

Q.杉咲花の恋の経験は?

A.これまで片想いとかはあるんですけど、思いを伝えられたことはなかったですね。理想のデートですか!? う~ん、私はカメラが好きなので。一緒に…いや、その、でもいいんです。はい、なんかごめんなさい(照れ)

ハフゥン、めっちゃピュアじゃないですか…

まだ年齢も18歳ということもあるのでしょうが、こんな嫌みのない純粋さこそが杉咲花の魅力なんでしょうね。

というかカメラ…カメラデートってことは一緒に旅行いたりして、いろんな風景を一緒に撮って、それぞれの写真について話し合ったりとかですかね。

そういうのヤバい楽しそうだなー…

杉咲花の夢は?

小さいころから子役として女優であった杉咲花ですが、一度は芸能界から離れています。

その後中学生になってから再度女優の道をめざして今の事務所に入ったという経緯があります。

ではこのまま女優一本でいくのか?というと、どうやら絶対にそうとは限らないと思われます。

実は杉咲花は自分のブログでよく映像作品を公開しています。たとえば、バービー人形を使った作品など…もしよければ観てみてください!

さらに、上記の記事でも「カメラが好き」とインタビューで語っており、「もしや映像監督になりたいのでは!?」という予測もたてれますね。

しかし、今の所は杉咲花本人が「映像は趣味」と公言しており、まだまだ未熟な女優業を頑張るとのことでした。

とはいえ、映像が好きなことは変わらないわけですから、将来的に「杉咲花監督」なんていうこともありえるかもしれませんね。ぜひぜひみてみたいです!

まとめ

今回は杉咲花について、プロフィール、出演作品、恋愛観、好きなタイプ、恋の経験、夢などについてまとめさせていただきました。ぴったんこカン・カンでは新たな一面がみれることを期待しています。

これからの杉咲花の活躍や躍進からも目が離せませんね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク