オールスター感謝祭出演の金メダリスト登坂絵莉、pillowsで号泣って何?

2chまとめアンテナ
スポンサーリンク

2016年10月8日放送予定の「オールスター感謝祭」に登坂絵莉さんがゲストで出演予定とのこと。

登坂絵莉さんといえば、今年8月のリオデジャネイロオリンピックの女子レスリングで金メダルを獲得されて一気に有名になりましたよね。

しかし芸能界どころかスポーツ業界にも疎い私は実は登坂絵莉さんのことをほとんどいっていいくらいに知らない為、早速登坂絵莉さんのについて色々調べてみました。特に検索結果上位でてきた内容をまとめています。会話のネタにするつもりですからねー、やっぱり流行っているワードは知っておかないと!

  • 登坂絵莉さんのプロフィール
  • 登坂絵莉さんの金メダル獲得の瞬間
  • 登坂絵莉さんとpollows
  • 登坂絵莉さんの号泣とは?
スポンサーリンク
スポンサーリンク

登坂絵莉さんのプロフィール

%ef%bc%97%ef%bc%91

出典:www.iza.ne.jp

名前:登坂 絵莉(とうさか えり)

生年月日:1993年8月30日

出身:富山県高岡市

身長:152cm

競技:レスリング

大学チーム:至学館大学

担当コーチ:栄和人

所属会社:東新住建

プロフィールを見ておもったことですが、身長152cmって小柄だなーだなとおもったら、登坂絵莉はレスリング48kgの選手なんですね。48kgならそのくらいの身長でも特に不思議はないなあ。ちなみに女子レスリングで一番有名で霊長類最強といわれる吉田沙保里選手は55kg級だそうです。

レスリングをはじめたきっかけは、国体のレスリングで優勝経験もある父親の勧めで小学3年生のころからはじめたそう。中学生になるころには週3回の練習では「勝てない」と思い、毎日練習するようになったとのこと。超ストイックですね…

高校入学後は、全国高校女子選手権を2連覇!大学入学後のジュニアオリンピックでは1階級上の51kgで優勝!ふむふむ、高校に入ってから一気に頭角を現し始めた感じですね。

オリンピックの代表選手に選ばれたのは、全日本選抜レスリング選手権大会で優勝したからとのこと。ほほぅ、オリンピック代表選手を選ぶ大会なんてあるんですね(超無知)

そんな経緯でオリンピックに出場した登坂絵莉さんの結果は…

登坂絵莉さんの金メダル獲得の瞬間

決勝戦は終始劣勢な状態だったものの決して諦めることなくチャンスを伺って、終了間際にタックルから逆転勝ちして見事金メダルを獲得されました!



インタビューでは、勝利の瞬間「家族の顔」が浮かんだそうです。ずっと一番近くで支えてくれていたのでしょうね。

実は登坂絵莉選手のこの勝利には家族だけなく、ロックバンド「pillows」が関係してくるんです

登坂絵莉さんとpillows

登坂絵莉選手はロックバンドthe pillowsの大ファン。

pillowsは男性3人のロックバンドで反骨的な曲調で地道なライブ活動を行なっており、根強い人気があります(代表曲はストレンジカメレオン・ハイブリッドレインボウなど)

登坂絵莉選手はpillowsの「Funny Bunny」という曲を一番気に入っており、試合の前には必ず「勝ち歌」として自分のテンションをあげるために聴いているとのこと。特にサビの「キミの夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ 風の強い日を選んで走ってきた」という歌詞でモチベーションがあがるらしいです!たしかに今まで積み重ねてきた努力を思い返し、堂々と戦いの場にでられそうな歌詞ですね。

しかし実はただ登坂絵莉選手にとって「pillows」の曲が勝ち歌だからこの金メダル獲得に関係したというわけではなく、さらに登坂絵莉選手が号泣した逸話があるのです…

登坂絵莉の号泣とは?

登坂絵莉選手が8月のリオデジャネイロオリンピック前に行われた壮行会で、the pillowsが登坂絵莉選手のために新曲「BE WILD」を作ったと聴いて号泣したという逸話があるのです。

登坂絵莉選手が号泣したpollowの「BE WILD」


登坂絵莉選手ほどであれば人生をかけた試合はいくつも乗り越えてきたんでしょう。そのときにいつも助けてくれたpillowsが、自分のためだけに曲を作ってくれた。登坂絵莉選手にとってこれほどの応援はなかったんじゃないかと思います。間違いなく、登坂絵莉選手の金メダル獲得の一助を担っていた逸話だと感じられますよね。

これを調べていた私もなんだかホロリとした気分にさせてくれる話でした。

改めて登坂絵莉選手、金メダルおめでとう!これからも活躍を応援しています!

まとめ

今回は登坂絵莉さんのプロフィール、登坂絵莉さんの金メダル獲得の瞬間、登坂絵莉さんとpollows、登坂絵莉さんの号泣とは?についてまとめさせていただきました。

私と同じく芸能・スポーツトークに弱い方のネタ帳になれば幸いです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク