【鉄道運送】ヤマト運輸「ドライバー足りない…時間守って文句言わない人…」→電車「ガタンゴトン」→閃いた!【モーダルシフト】

2chまとめアンテナ
スポンサーリンク

( ・ω・)<車つかわないんだ…

ヤマト運輸が鉄道と組んでの物流、いまゆる「モーダルシフト」が注目されているそう。

理由の一因として「ドライバー不足」があるそうですが、このモーダルシフトが年々利用が増加しており、ヤマト運輸の2015年度決算では輸送量は3077万トンと前期比で46万トン(1.5%)も増加しているんだとか。
※関連記事:ヤマト運輸、残業代未払いで労基に怒られる→元ヤマトドライバー「amazonさんがヤバイんす」

モーダルシフトってなんだ?ということを簡単に確認しつつ、今の運送業界のドライバー不足へのネットの反応とモーダルシフト自体への反応をまとめてみました。

ネットでいつでもどこでも商品の注文はできるものの、ワープ技術でも開発されない限り、結局運ぶのは人です。今後の運送業界の動向は個人的に気になるので、取り上げてみました。

元ネタ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1486182318/0-

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モーダルシフトとは

モーダルシフトとは、
トラックや貨物機による輸送を貨物列車・貨物船による輸送で代替すること。

モーダルシフトの強みは、
トラックをまるごと一台運ぶため、荷物積替えの時間と手間がかからない。

運送業界のドライバー不足に対するコメント@2ちゃんねる

働いたら負け。 待遇改善なんて  死人が出てもしない業界。

>>会社潰すか待遇改善するか、こんな感じなんだろな経営側は

ドライバーが集まらないというより
運転免許持ってるガキが減ってるんだろ?
車が必要ない地域だと免許も必要無いからな

義務教育で大型免許取らせればいいわな
進学校選ばない子供は工場か配送業やらせりゃいい
無理矢理やらせないとキツい仕事選ぶ奴なんか出てくるわけない

宅配の契約社員したことあるけどどうしても路上駐車せざるを得ない配達先あって車の中から邪魔だとか罵声浴びてたな。なんでこんな思いしなきゃならんのだとすぐ辞めたけどw

末端の個配しか仕事がなくなり、トラックドライバーは誰もやらなくなる。
マナーの悪い客を利用禁止措置にするなどして、末端の環境を改善しないと、本当に宅配ドライバーが居なくなる。

トラック運転手は平均50代の高齢化が進んでおり
少子化社会により更に減る見込み
だからと言って免許を取りやすくすると事故率が上がるし
結局人を呼ぶには仕事に見合う適正な給料出しつつ仕事内容も見直さなければならない
完全週休二日制で年120日以上の休み
8時間労働で残業無し
手取り30万にすれば人はある程度の人は集まるよ

実際、運ちゃんの給料ってどんなもんなの?

>>求人に載ってる給料の半分くらい。大型でも普通にやったら手取り30万は厳しい

ヤマト運輸のモーダルシフトの対する反応@2ちゃんねる

たくさんのトラックが一日で配達しなくていいどうでもいい荷物。
そこらじゅうもたもた走ってるから交通マヒする。
アマゾンとかググルの自動運転ってのはその企業がもうかるだけで国益にはならない。
鉄道を最大限利用し高速道路を発展させて日本全国どこに住んでも国民に利益をもたらすようなシステムを考えければいけない

うんでもこれは基本、鉄道でいいんじゃないでしょうか?
鉄道でカバーできるところは鉄道を使うべきでしょう

>>でも採算があうのか分からんよ
道路は国が整備するけど
鉄道は自分達でやらないといけないし

運送業界に関する雑談あれこれ@2ちゃんねる

散々文句言ってAmazon利用してるネトウヨって一体(笑)

アマゾンの受け取りに駅のロッカー指定できるのがある。ヤマトのに仕事の負担を減らすなら各自家に宅配受け取り用のボックスを設置すればだけの話です。

再配達有料だな、金払わなかったらブラックリストに載せて、そいつは通販できなくすればいい

>>「何で在宅時間に配達しないのよ!」ってクレームだらけになる。

今こそ物質をネットで転送する技術を開発するのだ!
転送元で原子レベルまで解析し、転送先で復元!
TranferObjectProtocol!
さあ!よい子のみんな開発するのだ!

>>そこまでいくと、転送復元ではなく客の自宅で構築(製造)の方が手間がないのでは

運送業界およびモーダルシフトへの管理人コメント

( ・ω・)<モーダルシフトは取り組みとしては前からあるものの、じわり増えてきているようですね。本当に運送業界は十分に将来性のある業界だ思うんですが、いかんせんコスト削減部分が人件費ばかりいってしまうせいで、中々人気がでないですね…

スポンサーリンク
スポンサーリンク